馬油で首のイボをケアする方法

首のイボをケアするには馬油を使った方法があります。馬油には、皮膚の保護や殺菌作用、消炎効果、抗酸化作用などがあり、ケガや火傷にも効果が期待できると言われています。
首のイボを馬油を使ってケアする場合には、入浴後に使用します。入浴後の肌がきれいな状態で適量の馬油を首のイボに塗ります。この時、首全体に一度塗ってから、気になる首のイボに重ね付けすることでより効果が期待できるとされています。毎日繰り返し塗り続けることで3ヵ月から半年程度で効果があらわれることが多いです。
特にシミや茶色っぽく変色した老人性イボの色素を薄くすることができます。馬油は、人間の皮脂に近いため、肌に塗ることで高い浸透力が期待できます。イボに塗ることで硬化した角質が柔らかくなっていき、肌の再生化を促し古い角質をはがしてくれます。新しい皮膚へと生まれ変わることで、首のイボなどもきれいになることができるだけでなく、皮膚の参加を予防することにもつながります。
馬油には、保湿効果や保湿効果も期待できるため、肌の保湿と保湿効果が高まりますが、塗りすぎるとニキビなどがあらわれてしまうことがあります。塗った後にいつまでもベタベタ感が残るようであれば、塗りすぎのため、軽く洗い流すか、ティッシュなどでこすらないように軽く抑えます。通常であれば、塗った後しばらく待つことでサラサラとした肌へと変化していきます。馬油でのケア後には、化粧水などの通常のスキンケアを行います。
首のイボの取り方・治し方│皮膚科で治療しない!除去方法とは?はこちら

Comments are closed.